茶道

茶道の活動歴

茶道

 20才より裏千家流茶道を学ぶ。
その後、大日本茶道学会を経て、35才より江戸千家新柳派に入門す。
江戸千家新柳派師範。

 伝統的なお茶会を定期的に開催するほか、2002年、茶碗・茶杓・花器・掛け軸・畳・抹茶・菓子など、全ての道具類を自ら制作しプロデュースした、現代芸術と茶道を融合させた茶会を開催す。